ノコアはお尻のたるみにも使えます

お尻のたるみ

お尻のたるみが気になる

妊娠していると肉割れとともに気になるのがお尻のたるみ。妊娠していなくてもお尻のたるみが気になる人は多くいます。でも、肉割れとたるみって全然違う状態なんですけど・・・、まずはこの点を最初に整理しましょう。

ますは、肉割れ。妊娠のように短期間で急激に体型変化や皮下脂肪の増加によって表皮下の真皮層や皮下組織が裂けてしまいヒビ割れや亀裂が生じた状態のこと。一方、お尻やお腹のたるみは肥満や筋トレで伸ばされた皮膚組織が急激なダイエットや筋トレを突然止めたりすることで皮の縮小が追い付かず余った状態のこと。

ですので、たるみには肉割れのようなヒビ割れや亀裂は見られません。ただ、どちらも急激に皮膚状態が伸びたり縮んだりする場合に起こるので妊娠した場合以外にもダイエットやリバウンドを繰り返した場合に起こる現象です。

たるんだお尻には美容外科手術が手っ取り速い!

美容外科手術

たるんだお尻をスッキリと元に戻すにはたるまないお尻をキープすることが一番なんですが、妊娠したりするとどうしてもたるんでしまいます。このたるんだお尻をスッキリと戻すには、美容外科手術で除去を行えば手っ取り速くできます。

しかし、美容外科手術ってお金もかかるので、時間をかけてでもいいからお金があまりかからないセルフケアで直して行いたい!と考えている人も多くいます。美容外科手術ほど完璧にはいかないかも知れませんが、可能ではあります。

たるんだお尻の解消に実はノコアが使えます!

ジョギング

では、どのような方法で行うのか?まずは、日常生活で適度な運動をして基礎代謝量を増やし、適切な食生活でタンパク質やビタミンCといった栄養成分を意識するようにしましょう。皮膚組織を元の状態に戻すにはターンオーバーをすることが必須なんです。そのためにはこの栄養分、ズバリ!タンパク質やビタミンCが必要になるんです

まず日常の生活習慣を見直しができたらノコアを併用する様にします。これがセルフケアでたるんだお尻を解消する方法です。ノコアの効果を最大限に発揮するには発揮しやすい環境が整っていないといけません。

特に、おしりは筋肉量が少ないのでたるみが出来やすい場所です。さらに、血行不良も出来てしまう原因になっていて、座りっぱなしであったり運動不足や冷え性、太り過ぎなども脂肪細胞の変性が起こりやすい原因になっています。ノコアだけでは効果に限界がある理由がここにあります。

たるんだお尻への効果的なノコアの使い方とは?

ノコアの効果を最大限に発揮するため、入浴後の体がほぐれている時にクリームを塗りましょう。オススメの手順は次の通り。

  1. ノコアを適量手に取り、手のひらに軽くのばしたら、太ももの付け根あたりから腰に向かって老廃物を集めるイメージで下から上に塗っていきましょう。
  2. お尻の横も腰に向かって寄せて上げるイメージで塗っていきます。
  3. 全体に塗り、しっかりと馴染んだら最後に腰に集めた老廃物を腰の中心のリンパ節に向かって流していきます。

ポイント

単に塗るだけでなく、マッサージを併用することでリンパを流すようにします。リンパが流れるとだるく感じます。しかしこれがリンパが流れたことになるのです。

たるんだ二の腕やお腹にも

たるんだ二の腕

ノコアは妊娠線対策のクリームというイメージが強いですが、お尻りのたるみにも使えることが分かって頂けたでしょうか?お尻のたるみ以外でもたるんだ二の腕やお腹にもノコアは使えます。

そんなノコアは、下記の公式通販サイトの「最新キャンペーン」からお得に購入ができます。どんなキャンペーンが開催中か楽しみ!

最新のキャンペーンはコチラ

ページの先頭へ