妊娠線は予防することも大事!

妊娠線

実に90%の妊婦さんに妊娠線が出ると言われており、ママにとっては切実な問題。妊娠線クリームは予防の物が多いのですが、ノコアはすでに出来てしまった妊娠線をケアするクリームとして選ばれることが多くなっています。

一方で、妊娠線はケアすることで出なかった、という声も聞きます。予防することで妊娠線を薄くなれば、ノコアとの相乗効果も期待できるのでないでしょうか?

最近では妊娠線予防についての情報も多くなっていますので、ここでは妊娠線の予防法についてまとめてみたいと思います。

そもそも妊娠線とは?

妊娠線

妊娠線とは、妊婦さんのお腹などにできる“スイカ模様のような波状の線”のことです。急激に大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていけず、真皮が裂けてできる断裂跡のこと。

 

妊娠線のでき方には個人差があり、お腹や胸やおしり、太ももなど、身体のいろいろな箇所にあらわれます。そして、一度できてしまった妊娠線は時間の経過や努力次第で目立たなくなりますが、完全に消すのが難しく、線の痕(あと)が残ってしまうこともあるんです。

妊娠線予防のポイントは「保湿」「体重管理」「栄養バランス」

それでは、妊娠線を予防するにはどうしたら良いのでしょうか?

妊娠線予防のポイントは「保湿」「体重管理」「栄養バランス」「運動とマッサージ」の4つが大切です。

保湿に気を使いましょう!

肌に潤いを与え、柔らかい状態にしておくことが大切です。妊娠線ができにくい皮膚というのは、潤いがあって、柔らかく柔軟な皮膚なのです。

そのためには、乾燥しないようにクリームやオイルを塗ることやマッサージをして皮膚をほぐしておく。また、クリームは妊娠線ケア専用がオススメです。一般のクリームよりも保湿力が高く妊娠中の肌になじみやすくなっています。

ノコアはアフターケア用のクリームではありますが、保湿力が高くなっていますので予防として使って頂くことも出来るんですよ。

体重管理をする

適正体重を超えないよう、自分の体重をコントロールすれば、体型が変化した際の皮膚の引っ張りをある程度抑えられます。産婦人科などでも、体重管理を厳しく指導されることが多くなっています。

妊娠線が出なかった、という人の体重増加は8kg以下が多いようです。逆に12kg以上の急激な体重増加があった場合は、妊娠線がでる可能性が高くなります。適度な運動と栄養バランスの見直しで体重管理を意識しましょう。

栄養バランスのとれた食事

バランスのいい食事を摂れば、体重増加も少なくなり皮膚の新陳代謝が高まり、皮膚が柔らかくなります。妊娠中の体重増加は、筋肉よりも皮下脂肪がつきやすいので、脂肪がつきにくい身体を作っていきましょう。

運動とマッサージ

乾燥と血行不良は皮膚を固くしてしまい、血行不良が乾燥肌の原因になるので、適度な運動やマッサージも必要です。特に、長時間のデスクワークや運動不足の人は、意識して動くようにしましょう。

注意したいのは、4つ全てに気を配る事です。どれか1つ欠けてもバランスが崩れてしまいます。どれかひとつだけを実践しても妊娠線は予防できないので、4つ全てを実践するようにしましょう。

妊娠線が出来ても継続しましょう

ここまでの内容を実践しても、残念ながら妊娠線ができてしまうこともあるでしょう。そんな時は「ノコアがるから大丈夫!」って思うかも知れませんが、ガッカリして「もういいや・・・」って辞めたくなるかも知れません。

しかし、妊娠線の程度を最小限に抑えるためにもここは”ぐっと我慢”して、保湿ケアを継続することをオススメします。ノコアでアフターケアをするにしても、程度の少ない妊娠線の方を回復させる方が時間短くできます。

いかがでしたか?

妊娠線予防のためにも、栄養管理、体重管理、保湿、運動とマッサージ、を継続していきましょう。これらのポイントをしっかり守れば、妊娠線ができるリスクを減らすことができます。

ノコアはアフターケア用だけでなく、妊娠線予防のためにぜひ使ってください!

 ↓ ↓ ↓

最新のキャンペーンはコチラ

ページの先頭へ