肉割れと妊娠線って違うの?

妊娠線

良く言われるのが、肉割れと妊娠線って違うのか?という話。

肉割れは、急激な体型の変化に皮膚が耐え切れず、肌にひび割れたような白い線が複数入るという症状のことで、妊娠線も肉割れの一種です。

原因としては妊娠線の場合、赤ちゃんの成長によりお腹が大きくなって、皮膚の伸びが間に合わなかっただけの場合もありますが、ここでは同一として見ていきたいと思います。

肉割れの原因とは?

妊娠線

肉割れ(妊娠線)の原因は急激な体重増加によるものと乾燥、血行不良によって柔軟性が失われてしまい、柔軟性のない皮膚になってしまい出来るものがあります。

 

前者の場合は、いきなり皮膚が伸びてしまうと、体の中が追いつかなくて細胞を傷付けてしまい破壊されてしまい肉割れがおこるのです。後者の場合は、急激な体型の変化が無くても肉割れを起こしてします。

肉割れ予防のポイントは「保湿」「体重管理」「栄養バランス」「運動とマッサージ」

それでは、肉割れを予防するにはどうしたら良いのでしょうか?

「保湿」「体重管理」「栄養バランス」「運動とマッサージ」と妊娠線予防のポイントと同じです。そりゃ妊娠線は肉割れの一種だから当たり前でよね?

保湿に気を使いましょう!

肌に潤いを与え、柔らかい状態にしておくことが大切です。妊娠線ができにくい皮膚というのは、潤いがあって、柔らかく柔軟な皮膚なのです。

そのためには、乾燥しないようにクリームやオイルを塗ることやマッサージをして皮膚をほぐしておく。また、クリームは妊娠線ケア専用がオススメです。一般のクリームよりも保湿力が高く妊娠中の肌になじみやすくなっています。

ノコアはアフターケア用のクリームではありますが、保湿力が高くなっていますので予防として使って頂くことも出来るんですよ。

体重管理をする

適正体重を超えないよう、自分の体重をコントロールすれば、体型が変化した際の皮膚の引っ張りをある程度抑えられます。産婦人科などでも、体重管理を厳しく指導されることが多くなっています。

妊娠線が出なかった、という人の体重増加は8kg以下が多いようです。逆に12kg以上の急激な体重増加があった場合は、妊娠線がでる可能性が高くなります。適度な運動と栄養バランスの見直しで体重管理を意識しましょう。

栄養バランスのとれた食事

バランスのいい食事を摂れば、体重増加も少なくなり皮膚の新陳代謝が高まり、皮膚が柔らかくなります。妊娠中の体重増加は、筋肉よりも皮下脂肪がつきやすいので、脂肪がつきにくい身体を作っていきましょう。

運動とマッサージ

乾燥と血行不良は皮膚を固くしてしまい、血行不良が乾燥肌の原因になるので、適度な運動やマッサージも必要です。特に、長時間のデスクワークや運動不足の人は、意識して動くようにしましょう。

お尻にできた肉割れは実はやっかいなんです!

お尻の肉割れ

急激に皮が伸びると刺激を与えてしまい肉割れができてしまうのですが気を付けなくてはいけないのがお尻です。お尻って自分では見えないしわからないから肉割れができているのに気が付かない方もいます。

対処法も同じなんですが、むやみに力を入れてマッサージしてしまうと、反対に刺激を与えてしまう形になってしまうので肉割れができてしまう原因になりますので、必ず優しくマッサージしてあげることが必要になります。

ダイエットでは肉割れすることもある

ダイエット

出産後に体型を元に戻そうとダイエットをする場合も肉割れに注意が必要です。

肉割れは、急に太った場合に起こることが多いのですが太った人が急に痩せるとこれもまた刺激を与えるとゆうことになってしまい皮が縮むのが追いつかなくて肉割れをおこします。

ダイエットする場合にも急激にやせるよりはゆっくりと時間をかけながら痩せて行く方が肉割れを起こす可能性が少なくなるのです。

いかがでしたか?

肉割れも妊娠線と同様に予防することができます。ノコアは肉割れ、妊娠線どちらにも使えるクリームですので、一度試してみてはどうでしょうか?

 ↓ ↓ ↓ 

最新のキャンペーンはコチラ

ページの先頭へ